LSO定期講習会 (2018年第2回)2018年04月23日

日程:2018年4月21日(土)
会場:大田区池上会館(東京都大田区)
参加:2名

今回はオートバイ誌ライターの方から取材参加の申込みがありました。
ご本人の参加は2回目で、前回もバイク誌に記事を掲載し応急手当を啓蒙いただいたことから、今回も取材をお受けしました。
もう一名の参加者も、オートバイが趣味の方でしたので、講習は一般道での二輪事故を想定したシナリオで展開しました。

いかなるシチュエーションでも共通するのは、現場と救助者の安全確保、そして命にかかわる救命処置です。さらに二輪事故の場合は、頭頸部のけがを疑った場合の対応や傷病者の扱いが重要になります。
これらは私たちのモータースポーツ活動と共通点が多いので、一般の二輪ライダーの方々にもたいへん役立つと思います。

モータースポーツのシーズンが始まり、しばらくは関係者の参加が少なくなりますが、出来るだけ少人数でも開催していきたいと考えています。
次回は7月29日(日)を予定しています。
どなたでもお申込みできますので、どうぞご参加ください。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAED

写真2:保温とショック体位
写真2:保温とショック体位

写真3:迅速なけがの調査
写真3:迅速なケガの調査





LSO定期講習会 (2018年第1回)2018年02月08日

日程:2018年2月3日(土)
会場:大田区池上会館(東京都大田区)
参加:10名

本年第1回の定期講習会を実施しました。
今回は例年参加されているヤマハ発動機テストライダーの方々に加え、毎年参加されている方、ネット検索で興味をもち参加された方々などのメンバーで行いました。

初参加の方と復習参加の方がいっしょにチームを組んで練習に取り組み、効率の良い実習を行うことができました。
今回は認定プログラムに含まれる救命処置やけがの対応に加え、脳卒中発見テストなど、日常起こりうる突然の急病についても紹介しました。

次回は4月21日(土)を予定しています。
LSO定期講習会は今年も隔月で開催予定です。
どなたでもお申込みできますので、どうぞご参加ください。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:保温とショック体位
写真2:保温とショック体位

写真3:救助者7名によるリフト
写真3:救助者7名によるリフト





LSO定期講習会 (2017年第4回)2017年10月17日

日程:2017年10月15日(日)
会場:大田区池上会館(東京都大田区)
参加:2名

モータースポーツは終盤のグランプリシーズンに入り、世界選手権や年間タイトルを争う白熱したイベントが繰り広げられています。

今回はサーキットで4輪のレースに参加している方が山梨県から参加されました。
またマラソン大会など地域のイベントでも活動されており、突然のけがや急病への対応を学びたいと希望し参加されました。

講習では現場における傷病者への接触から救命処置までの実習、そして頭、脊椎、胸、腹の損傷についての注意点を確認しました。
さらにヘルメットの取扱いを実習で行いました。

大会中のサーキットは充分な安全体制を築いています。しかしけがや急病は、いつどこで誰に起こるか分かりません。
すべての参加者や関係者が応急手当の知識とスキルを身に付け、互いに助け合うことはとても大切だと思います。

次回は12月16日(土)を予定しています。
LSO定期講習会はどなたでもお申込みできますので、どうぞご参加ください。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:上腕の直接圧迫止血
写真2:直接圧迫法による止血

写真3:迅速なけがの調査
写真3:迅速なけがの調査


LSO定期講習会 (2017年第3回)2017年07月10日

日程:2017年7月8日(土)
会場:大田区池上会館(東京都大田区)
参加:3名

今回参加された3名は、モトクロスやエンデューロレース(二輪競技)の主催や、サーキットでのオフィシャル活動などをしており、北海道、広島県などの遠路からわざわざ参加された熱心な方々でした。

講習中も、競技中に経験したことや、起こり得るけがなどについて、質問をいただきながら進行しました。
また救命処置の訓練を行った後に、頭頸部損傷やヘルメットの取扱いについて検討しました。
ヘルメットについては、標準的な離脱方法と注意点を学んだ後に、各種のリムーバブルシステムを検討し、さらに現場で医師の直接的指示を得ることができない場合の対応をどうするかについて、意見交換を行いました。

救命の優先順位は気道、呼吸、循環の管理ですが、ヘルメットの離脱は首の負担がかかるため、自分の判断で安易に離脱を行わないという原則があるからです。

終了後も、飛行機や夜行バスで帰るとのことでしたが、皆さま無事に帰宅されましたでしょうか。
練習お疲れさまでした!

次回は10月15日(日)を予定しています。
LSO定期講習会はどなたでもお申込みできますので、どうぞご参加ください。

写真1:気道確保と回復体位(意識不明者の呼吸管理)
写真1:気道確保と回復体位

写真2:心肺蘇生とAEDの使用
写真2:心肺蘇生とAEDの使用

写真3:ヘルメットの取扱い練習
写真3:ヘルメットの取り扱い



LSO定期講習会 (2017年第2回)2017年04月24日

日程:2017年4月22日(土)
会場:大田区池上会館(東京都大田区)
参加:5名

今回の参加者は全員が再認定(復習参加)でした。
青森県から夜行バスの往復で参加された方や、今回で累積8回目の参加となる方など、救命スキル維持に熱心な人たちが集まりました。

国際的なガイドラインの改訂に合わせ、今年からLSOの講習プログラムも新版となったため、変更点を確認しながら実習を行いました。

どなたも高いレベルでスキルが維持されており、充実した再講習となりました。
また最後に全員で記念写真を撮るなど、和やかな雰囲気の講習になりました。

次回は7月8日(土)を予定しています。
LSO定期講習会はどなたでもお申込みできますので、どうぞご参加ください。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:ログロール法による体位変換
写真2:ログロールによる体位変換

写真3:ヘルメットの取扱い練習
写真3:ヘルメットの取り扱い

写真4:参加者全員で記念撮影
写真4:参加者で記念撮影



このブログについて

LSOは1993年創設以来、年2回のニュースレターとしてLSOメールを発行してまいりました。しかしこの20年間でインターネットやメールなど電子媒体の利便性が大きく向上し、即時性、双方向性、コスト面、そして紙面の制約を受けないなど、多くの利点が発揮されるようになりました。LSOでもこの利点を生かし、2012年7月から、安全活動や講習リポートなどをブログでお知らせすることにいたしました。
なお紙媒体のLSOメールはしばらく休刊し、今後はブログをメインにした活動報告を行って行く予定でおります。

LSOホームページ
http://www.ne.jp/asahi/master/lso/

<< 2018/04
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最近のコメント

RSS