Life Supporting Award 表彰のご紹介2024年02月08日

LSOが実施している認定プログラム 「Life Supporting First Aid」 を修了された方が、けがや急病人に対し、手当てを行った善意と勇気を賞賛するものです。

毎年1月に開催している岡山国際サーキット主催LSO認定講習に参加されている安田さんから、応急手当実施のご報告をいただきました。安田さんはサーキットのオフィシャルとしても熱心に活動されている方ですが、今回は趣味の自転車でサイクリングをしている時に遭遇した、オートバイの事故現場での救助活動です。

1.手当実施者:安田 元さん

2.手当て実施日:2023年 11月 12日  12時半頃

3.場所:広島県内 県道59号線の山道

4.傷病者の概要:オートバイで転倒し胸と足を強打

5.手当ての概要:
山道でバイクがカーブを曲がりきれず歩道ブロックに接触転倒の事故が発生、そこにサイクリング中だった自分が遭遇(転倒の様子は見ていません。)
傷病者は男性1名、男女2名でのツーリング中でした。
事故直後だったので転倒者はうずくまっていて、同伴者は何をしていいかわからずただ慌てているように見えました。
“手当の訓練を受けてるので協力させてください”と言ったら落ち着いてもらえたので、うずくまっている方に様子を聞くと単独での転倒、痛い箇所は胸と足、バイクが壊れたので心も痛いです(笑)と、冗談も言えるほど大丈夫そうに見えましたが大事を取って救急車を呼ぶことにしました。
そこから警察、救急車が来るまでに協力してくれる方が1人加わってもらえたので落ちているバイクの部品の整理や後続車の指示をしていて同伴者に傷病者の様子を見てもらってましたが、胸がくるしい、気分が悪いと言われ、顔色も見る間に悪くなっていったので座っているのを楽になるなら寝たほうがいいと介助しながら寝て待っててもらいました。
どんどん様子が悪くなっているところに救急車が到着、救急隊員の方に様子を診てもらうと肺挫傷かもしれないのでドクターヘリの案件になると教えてもらえました。
そうしていると警察の方も到着し、状況を説明すると“後は任せてください、ご協力者ありがとうございました”と言われたので現場を後にしました。

事務局コメント:
ご本人からは、サーキットだと救急車もすぐ来るし、メディカルセンターも近いので安心できますが、救急車を待っている時間が長く感じて心細くなりましたとの感想をいただきました。そのような状況の中で積極的に声をかけ、協力した善意と勇気はすばらしいと感じました。

Life Supporting Award



Life Supporting Award 表彰のご紹介2023年03月10日


AWARD


LSOが実施している認定プログラム 「Life Supporting First Aid」 を修了された方が、けがや急病人に対し、手当てを行った善意と勇気を賞賛するものです。

毎年2月に開催している筑波サーキット主催LSO認定講習に参加されている方から、応急手当実施のご報告をいただきました。
コロナの流行が続く中ですが、突然の緊急時に行った善意と勇気ある手当の概要をご紹介します。

1.手当実施者:紺野草一さん

2.手当て実施日:2022年 10月 23日  12時頃

3.場所:京都府 京福電鉄嵐電 嵐山駅内男子トイレ

4.傷病者の概要:心停止で倒れていた高齢男性

5.手当ての概要:
トイレに入ったら洗面台前で大の字に倒れている男性を発見。呼びかけても反応がなく、口元で呼吸確認できず、胸の上下動もなし。
即座にAEDと救急車の要請をお願いし、胸骨圧迫を開始。
約5分でAED到着、後に胸骨圧迫を交代しAEDを準備。
AEDショック後に意識と呼吸が戻り、呼びかけで指を追うように指示したところ目線の動きが確認できたことから回復体位に移行。
駆けつけた駅係員に状況を説明し引き継ぐ。その後5分程度で救急隊に引き継がれた。

事務局コメント:
ご本人からは、講習で練習した通りに実施できましたとのコメントをいただいております。迅速な心肺蘇生とAEDの使用により、倒れたその場で呼吸を回復できたことはすばらしいです。
救助活動ほんとうにご苦労さまでした。

Life Supporting Award 表彰のご紹介2022年03月14日

LSOが実施している認定プログラム 「Life Supporting First Aid」 を修了された方が、けがや急病人に対し、手当てを行った善意と勇気を賞賛するものです。

新型コロナウイルス感染による中止で3年ぶりに開催されたJMRC埼玉主催講習会に参加された方から応急手当実施のご報告をいただきました。
コロナが流行する中ですが、LSFA認定を取得された方が通りがかりに行った善意の応急手当の概要をご紹介します。

1.手当実施者:小室直樹さん
   推薦者:渡辺直良さん(LSOインストラクター/JMRC埼玉)

2.手当て実施日:2020年 2月 20日  午後4時頃

3.場所:埼玉県川越市 川越駅構内

4.傷病者の概要:意識不明で倒れていた高齢男性

5.手当ての概要:
電車に乗ろうとして駅の2階デッキに階段で上がったところ、人だかりがありそこには、仰向けで横たわっている人がいました。周囲の人に救急要請をしたか聞いたところ、要請済みとのこと、周りの人の会話で、呼吸があるみたいな話をしていていたが、顔面が、蒼白で、口からは出血があり、これはまずい状況と思ったと同時に周りいた人が心臓マッサージと人工呼吸の準備始めたので、カバンにあった人工呼吸用のマウスピースを提供しました。他の協力者が近所のスーパーから借りてきたAEDを受け取り、装着するために服をハサミで切り、パッドを装着しました。AEDを作動させ診断は、電気ショック不要!心臓マッサージと人工呼吸を続ける指示でした。
心臓マッサージと人工呼吸を続けて5~6分くらい経過したころに、救急車のサイレンが聞こえ到着したので1階まで降りて2階の現場に誘導、救命処置を救急隊員に引き継ぎ、搬送されました。
今回は、周囲にいた総勢10人くらいの面識ない人たちが、しっかりチームになり救助者に携われたことで、スムーズに救急搬送できたと思いました。

事務局コメント:
今回はすでに周囲に居合わせた人たちが心肺蘇生を始めようとしているところに協力者として加わった内容です。
人工呼吸用の吹き込み用具を提供したり、AED装着、救急隊誘導など、周囲の人々と連携しながら救急隊に命のリレーを引き継いだ好例と思います。
救助活動ほんとうにご苦労さまでした






Life Supporting Award 表彰のご紹介2020年07月13日


Life Supporting Award

LSOが実施している認定プログラム 「Life Supporting First Aid」 を修了された方が、けがや急病人に対し、手当てを行った善意と勇気を賞賛するものです。

新型コロナウイルス感染拡大により、ほとんどの講習が延期や中止になっている中でも、人びとの緊急事態は待ってはくれません。
そのような中で、LSFA認定を取得された方が通りがかりに行った善意の応急手当についてインストラクターから2件のご報告がありましたのでご紹介します。

1.手当実施者:松村 巌さん

2.手当て実施日:2020年 6月 8日  午後5時頃

3.場所:東京都国立市内 公園にて

4.傷病者の概要:意識を失い仰向けに倒れていた

5.手当ての概要:
会社から帰宅途中に公園の脇を歩いていたところ、地面に仰向けに倒れている人を発見した。すでに2名の方が声をかけていたので、協力して声がけをしたところ呼吸は確認でき、反応も少しあるが声による返答は無い。声がけを続けると話ができるようになり体を起こして座った。出血や痛みがないことを確認したが、倒れた際に頭を打っている可能性を考え、傷病者本人の同意を得て119番要請した。そして救急車が来るまで声をかけ見守りを続けた。到着した救急隊に様子を伝え引き継いだ。


1.手当て実施者:工藤澄乃さん

2.手当て実施日:2020 年 7月 8日  午後8 時半頃

3.場所:東京都港区 芝浦緑地内にて

4.傷病者の概要:歩行中にふらついて倒れ頭から出血

5.手当ての概要:
仕事帰りの帰宅途中、60代くらいの女性が倒れているのを発見。若い男性が寄り添い、他に2名の男性が救急車要請の電話中だった。
大丈夫ですか?と声をかけると、寄り添っていた男性(目撃者)が「ふらふらして倒れた」との情報。傷病者自身は何が起きているのか分からずに立ち上がろうとするので、私が「そのまま横になっていて下さいね」と声をかけて体を支えた。その際、頭の下から地面に血が流れているのを確認した。
傷病者の女性は何が起きているのか理解できず、家に帰りたいと不安な様子だったので、気を紛らわしながら意識状態を確認するために、男性といっしょに話かけ続けながら救急車を待った。
救急隊に引き継ぐ際、隊員から手の消毒措置を受けた。
女性はマスクをしていたが、心配なので帰宅後すぐにシャワーを浴びた。
今回は意識のある傷病者だったが、コロナの現状で人工呼吸はどうしたらよいか・・考えてしまう出来事だった。


6.LSO事務局からのコメント
救助活動ほんとうにご苦労さまでした。
救助者のコメントにもあったように、新型コロナウイルス対策中の心肺蘇生はどうすべきか?という心配が皆さんにもあると思います。
そこで、パンデミック中の心肺蘇生についての国際的な合意と、それに基づく国内の指針が出されたので、以下にご紹介します。

1)成人の心停止に対しては、人工呼吸を行わずに胸骨圧迫とAED による電気ショックを実施する。

2)こどもの心停止に対しては、講習を受けて人工呼吸の技術を身につけていて、人工呼吸を行う意思がある場合には、人工呼吸も実施する。※こどもの心停止は、窒息や溺水など呼吸障害を原因とすることが多く、人工呼吸の必要性が比較的高い。

3)胸骨圧迫のみの場合を含め心肺蘇生はエアロゾル(ウイルスなどを含む微粒子が浮遊した空気)を発生させる可能性があるため、新型コロナウイルス感染症が流行している状況においては、すべての心停止傷病者に感染の疑いがあるものとして対応する。
→解説:具体的には、
①声をかけたり呼吸を確認する際に、あまり顔を近づけないようにする。
②胸骨圧迫を開始する前に、傷病者の鼻と口にハンカチやタオル、あるいはマスクや衣類などをかぶせてエアロゾル飛散を防ぐ。などの感染対策を施します。

4)実施後には速やかに石鹸と流水で手と顔を十分に洗う。

皆さんも、万一の緊急時にはご自身の安全を最優先に行動されてください。








Life Supporting Award 表彰のご紹介2019年12月19日

LSOが実施している認定プログラム 「Life Supporting First Aid」 を修了された方が、けがや急病人に対し、手当てを行った善意と勇気を賞賛するものです。
中村さんは6月にも電車内で応急手当を行い表彰されました。今年2度目の受賞です!

1.手当実施者:中村由美子さん

2.手当て実施日:2019 年 12月 6日  午前10時半頃

3.場所:神奈川県 東急田園都市線 鷺沼駅にて

4.傷病者の概要:転倒し顔面から出血していた男性(60代後半)

5.手当ての概要:
駅のバスロータリー付近に来たとき、倒れて顔面に出血している男性と手当てをしている人が目に入った。目撃者によると、男性は躓いて転倒したのではなく、急にフラフラとし転倒、その際にあごの下、右耳の下、額の左側を切り、そこから出血したとの情報。
助け起こしている目撃者の男性と、タオルで圧迫止血をしている女性、タオルを提供した外人男性がいたので、「何かお手伝いしましょうか?」と声をかけた。転倒の際に頭を打っているとのことだったので、まずは119番に連絡をしました。
幸い傷病者は会話ができる状態でした。女性が素手で止血していたので、私がグローブをはめながら「代わりましょうか?」と申し出て代わりました。
救急車到着までには5分以上かかったと思います。救急隊員の方からは到着するまで目撃者が残っているよう要望があったので、救急隊員に手当の内容と現状を伝え、目撃者の方を紹介してから、私は失礼しました。救急隊の方が血の付いた私のグローブを見て、「こちらで処分しましょう。」と言って受け取って下さいました。

6.LSO事務局からのコメント
都内の通勤時間に電車に乗ると、急病人の救護で遅れていることが多いです。多くの人々が集中して利用することや、持病があったり体調が悪くても無理して働いている人が多いのではないかと思います。けがや急病人に遭遇した際には、例え手当てを始めている人がいても、声をかけ、協力が必要かを確認する優しさが大切と思いました。
中村さん、本当にご苦労さまでした!

Life Supporting Award

Life Supporting Award 表彰のご紹介2019年08月05日

LSOが実施している認定プログラム 「Life Supporting First Aid」 を修了された方が、けがや急病人に対し、手当てを行った善意と勇気を賞賛するものです。

1.手当実施者:中村由美子さん

2.手当て実施日:2019 年 6月 22日  14 時頃

3.場所:神奈川県 東急田園都市線 鷺沼駅にて

4.傷病者の概要:電車内でけいれんを起こし意識不明になった男性(高校生くらい)の手当て

5.手当ての概要:倒れた人がいるとの話を耳にしたためホームへ行くと、高校生くらいの若い男性が引きずるようにしてホームへ移動されていた。すぐに協力を申し出て、衣服をゆるめ呼吸を確認したところ腹部の上下が観察できたため、心肺蘇生は不要と伝えた。しかし意識はなく、口から泡を吹いていた。駅員と協力してAEDをセットしモニターを続ける。5〜6分で救急隊が到着し引き継いだ。

6.LSO事務局からのコメント
中村さんは以前にも自宅前で起こった交通事故の救助に協力されています。人々が避けて通りたくなるような場面で積極的に協力者となる善意と勇気はすばらしいです。駅員や救急隊も中村さんの協力に感謝されていたそうです。

AWARD


Life Supporting Award 表彰のご紹介2018年07月31日

LSOが実施している認定プログラム 「Life Supporting First Aid」 を修了された方が、けがや急病人に対し、手当てを行った善意と勇気を賞賛するものです。

1.手当実施者:中村智子さん、中村 誠さん(ご夫妻です)

2.手当て実施日:  2018 年 2月 21日  14 時頃

3.場所:東京都目黒区内 交差点にて

4.傷病者の概要:タクシーと自転車の衝突事故

5.手当ての概要:腹部を強打し倒れていた30代男性の応急手当

場所はご自身の会社事務所の近所で、傷病者は腹部の激痛で身動きできない状況だったそうです。119番通報し、傷病者の評価をしながら会社にいたご主人に毛布を持参してもらい保温、励ましながら救急隊に引き継いだとのことです。

6.LSO事務局からのコメント

中村さんはご夫妻でLSFAインストラクターとして活動をされています。「インストラクター自身も率先して手当を実施する」という、まさにLSFAの理念通りの行動をとられました。
突然の出来事に際し、傷病者の方もたいへん助かったのではないかと思います。


Award



Life Supporting Award 表彰のご紹介2015年08月21日

LSOが実施している認定プログラム 「Life Supporting First Aid」 を修了された方が、けがや急病人に対し、手当てを行った善意と勇気を賞賛するものです。

手当実施者:野口有紀さん

1.発生日時:2015年8月4日 午後9時ごろ
2.場所:静岡県三島市内の路上にて
3.事故の概要:転倒した自転車の下敷きになっていた高齢男性の手当て
4.手当の概要
私が徒歩で、コンビニへと向かう途中に細い路地を歩いていたら、前方に倒れている自転車と、その下敷きになっている人物が見えました(この時点では性別や年齢は不明)
急いで近寄ると、それと同時に宅配ピザのバイクに乗ったお兄さんも走り寄ってきてくれました。
お兄さんが「おじさん、大丈夫?」と声掛けをして自転車を起こし、男性のことも起こしてくれました。(ここでやっと、高齢男性であると分かりました)
男性は、「うう・・・」と言うくらいではっきりと受け答えができてなかったので、私はすぐに「救急車呼びますね」とお兄さんに声がけして、119番通報しました。
119番と電話しながら、年齢65歳以上にみえる男性、見た目のケガはないが左腕を押さえている、酒臭いような感じがする、交通事故のようではなく単独で転倒したように見えること、などを伝えました。その間、お兄さんが男性を支えてくれて、「おじさん、救急車来るから待ってて」と話しかけていてくれました。男性は「大丈夫です」と呂律が回らない口調で答え、立ち去ろうとするので、私とお兄さんで止めました。
すぐに救急車が駆けつけました。
救急隊の方が住所や名前を聞いていましたが、やはり呂律が回ってませんでした。ライトで照らした男性は、口元からよだれが出ていました。(私は、暗かったので、そこまで気づきませんでした。早く気付けば良かったと後から感じました)
発見状況を隊員のみなさんに説明し、しばらくしてから私とお兄さんは解放されました。
この通報から1時間後くらいに、警察署からお礼と状況確認の電話がありました。
男性は病院に搬送され、大きなケガや病気ではなかった、と伝えられました。
また警察からは「再度伺いますが、交通事故の可能性があるような音を聞いたり、自転車が破損していたりしていませんか?」と尋ねられました。
救急隊の証言と私の証言を、照らし合わせているようでした。
実際、大きな物音も聞いてないし、男性の自転車も壊れていませんでした。路上に車の破片もありませんでした。
今回は、たまたま通りかかったピザ屋のお兄さんと連携できたのですが、もし一人だったらどうしよう?と自宅に帰ってからドキドキしました。
大きな事故ではありませんでしたが、男性の力になれたらいいなあ、とも感じました。

6.LSO事務局からのコメント
6月の中村由美子さんに続き、嬉しいご報告です。「夜間にご自宅の近所」という点も中村さんの時と共通しています。まさに突然の事故は時と場所を選ばないという印象を持ちました。
大事に至らなくてよかったですが、高齢者の場合は重大な損傷でも訴えがなかったり、脳卒中など生命に関わる急病の場合がありますので、対応も適切だったと思います。
協力者となる勇気と善意を賞賛いたします。

Life Supporting Award




このブログについて

LSOは1993年創設以来、年2回のニュースレターとしてLSOメールを発行してまいりました。しかしこの20年間でインターネットやメールなど電子媒体の利便性が大きく向上し、即時性、双方向性、コスト面、そして紙面の制約を受けないなど、多くの利点が発揮されるようになりました。LSOでもこの利点を生かし、2012年7月から、安全活動や講習リポートなどをブログでお知らせすることにいたしました。
なお紙媒体のLSOメールはしばらく休刊し、今後はブログをメインにした活動報告を行って行く予定でおります。

LSOホームページ
http://www.ne.jp/asahi/master/lso/

<< 2024/02 >>
01 02 03
04 05 06 07 08 09 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29

最近のコメント

RSS