鈴鹿サーキット スーパー耐久 安全講習2018年04月03日

場所:鈴鹿サーキット ブリーフィングルーム
日程および参加者:2018年31日(土)
 16:30〜17:00 グループ2(ST-4・5クラス ドライバー)
 17:10〜17:40 グループ1(ST-X・TCR・Z・1・2・3クラス ドライバー)
 17:50〜18:20 競技責任者(チーム監督)

スーパー耐久シリーズ開幕戦「SUZUKA S耐 春の陣」決勝レース前日の土曜日夕方に、チームを対象とした安全講習を実施しました。
当シリーズは参加台数が多く、車両カテゴリーによる速度差が大きいため、事故防止と安全確保に対する関係者の協力がたいへん重要になります。
また今年から事故現場を安全に処理するため、FCY(フルコースイエロー)という方法を採用することになり、運用にあたってはチームやドライバーの理解やマナーが求められます。
そのため開幕戦となる鈴鹿サーキットで講習会を行い、すべてのドライバーとチーム監督が参加しました。
講習会では、他のレースで救助活動中に起こった二次災害の映像を参考に、黄旗中の安全について検討を行いました。

一方サーキットのレスキューチームは、早朝の実車確認やお昼のピットウォークにあわせた実車救出訓練を行うなど、準備に余念がありません。

皆さまの努力によって、楽しく安全なシリーズを迎えられることを願ってます!

写真1:すべてのドライバーとチーム監督が参加しました
写真1:安全講習

写真2:他のレースで起こった二次災害の映像を検討
写真2:事故映像を検証






レスキュー・ファーストエイド講習会 近畿スポーツランド 特別コース2018年03月22日

日時:2018年3月21日(祝) 9:00〜17:00
会場:近畿スポーツランド
受講者:13名

京都府にある二輪専用コース、近畿スポーツランドから要請をいただき、LSO認定コースを実施しました。

当日は日本中が大荒れの天気で、関東地方は大雪に見舞われましたが、近畿地方も雨と強風の一日でした。
そのような中で、サーキット代表者をはじめ主要なオフィシャルメンバーが集まり、終日真剣に練習に取り組んでいただきました。

当サーキットは山道を5キロほど上がった先にあるため、救急隊に引き継いだり医療機関へ搬送するまでの行程が課題でしたが、近年当サーキットがドクターヘリのピックアップポイントに選ばれ、サーキット利用者はもちろん、周辺地域の緊急時にも貢献できるようになりました。

講習はLSO認定プログラムの救命スキルに加え、頭部損傷や脳震盪の注意点、脊椎損傷疑い、ヘルメットの扱いなど、コースでの二輪事故を想定した基礎訓練を行いました。

当サーキットも、間もなくシーズン開始です。
皆さまのご活躍により、安全でエキサイティングなシーズンを迎えてください!

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:全身のけがの調査
写真2:全身のけがの調査

写真3:ログ・ロールによる体位変換(うつ伏せから仰向き)
写真3:ログロール


JMRC埼玉 ファーストエイド&レスキュー講習2018年03月12日

日程:2018年3月11日(日)
会場:狭山市立勤労福祉センター(埼玉県)
受講者:11名
インストラクター:渡辺直良(JMRC埼玉)、伊東和雄(LSO事務局)

JMRC埼玉では、毎年独自にLSO認定講習会を企画しており、今年も県内の研修施設を利用して実施されました。
今年は11名のうち6名が初参加ということで、復習参加者とペアを組んでもらい協力しながら実習を進めました。
また当講習は参加者の多くがラリー競技に関わっていることも特徴です。
コース上でトラブルが発生した際に、応援や救助が来るまでの安全管理や応急手当を想定しながら練習を行いました。
最も優勢すべきは呼吸管理、そして保温の重要性も強調しました。また救出時の注意点やヘルメットの扱いについても、実技を交えながら確認を行いました。


さて、LSOが安全運営を支援しているSUPER GTでは、いよいよ来週から岡山公式テスト、そして富士公式テストに続き第1戦岡山大会が始まります。そして3月31日からは鈴鹿サーキットでS耐開幕戦となります。
今年も安全でエキサイティングなシーズンを期待しています!


写真1:埼玉県内の施設を借りて毎年実施しています
写真1:毎年開催しています

写真2:心肺蘇生とAEDの使用
写真2:心肺蘇生とAEDの使用

写真3:保温とショック体位
写真3:止血とショック体位











スポーツランドSUGO レスキュー講習会2018年03月07日

日程および参加者:
 3月4日(日) オフィシャル対象 19名
 3月5日(月) スタッフ対象 22名
会 場:スポーツランドSUGO ウィナーズサロン

3月に入りシーズンインの準備が慌ただしくなって来る中、今年もSUGO恒例のレスキュー講習会が行われました。
日曜日はオフィシャル対象、月曜日はスタッフ対象で、合計41名が参加しました。
日曜日の冒頭に参加者から、この一年間の日常生活における救助活動のご報告を2件いただきました。
一件はオートバイの転倒事故で、救急隊に引き継ぐまでの応急手当と救急車収容までの協力をされました。
もう一件は路上で倒れていた意識不明者を回復体位で呼吸管理し、救急隊に引き継いだというものです。
サーキット内での救助活動はもちろんですが、日常生活においても講習で得たスキルが活かされていることで、講習もさらに熱が入りました。
月曜日はサーキットのスタッフ22名が集まりました。コース上やパドック、観客席のどこにいても、施設のスタッフとしてしっかりとお客様を守ることができるよう、訓練を繰り返しました。
またコースの改良工事も着々と行われ、ハード、ソフト共にシーズンインを迎える準備が進められています。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:保温とショック体位
写真2:保温とショック体位

写真3:全身のけがの調査
写真3:全身のけがの調査








JMRC関東主催 応急手当実務講習会2018年02月27日

日程:2018年2月25日(日)
会場:機械振興会館(東京都)
受講者:28名
インストラクター:渡辺直良、中村由美子、平野和久(JMRC関東)、伊東和雄(LSO事務局)
JMRC関東事務局:工藤澄乃

毎年恒例となった応急手当実務講習会が開催され、LSO認定コースを実施しました。
半数を超える繰り返し参加の方々が、新規受講者に協力しながら練習を進めました。
またインストラクターが多く活躍しているのもJMRC関東の特長の一つです。今回も3名のLSO認定インストラクターにより積極的に指導を行っていただきました。

今回は認定取得の基本スキルとなる救命処置に加え、ショックが疑われるけが人の保温や体位管理、毛布を利用した応用担架の実習を行いました。
さらにクラッシュや転倒などで脊椎損傷が疑われる傷病者への注意点や体位変換、ヘルメットの扱い方などを実習で行いました。

JMRC関東事務局、インストラクター、そして参加メンバー各位が協力し、充実した一日になりました。
皆さまお疲れさまでした!

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:全身のけがの調査
写真2:全身のけがの調査

写真3:ログロールによる体位変換(うつ伏せから仰向き)
写真3:ログロール法





このブログについて

LSOは1993年創設以来、年2回のニュースレターとしてLSOメールを発行してまいりました。しかしこの20年間でインターネットやメールなど電子媒体の利便性が大きく向上し、即時性、双方向性、コスト面、そして紙面の制約を受けないなど、多くの利点が発揮されるようになりました。LSOでもこの利点を生かし、2012年7月から、安全活動や講習リポートなどをブログでお知らせすることにいたしました。
なお紙媒体のLSOメールはしばらく休刊し、今後はブログをメインにした活動報告を行って行く予定でおります。

LSOホームページ
http://www.ne.jp/asahi/master/lso/

<< 2018/04
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最近のコメント

RSS