住友ゴム工業株式会社様 救命・救急研修2018年01月15日

日程:2018年1月11日(木)
会場:本社会議室(兵庫県神戸市)
担当:小平 博(明石市市民病院/LSFAインストラクター)、伊東和雄(LSO事務局)
参加:31名

あけましておめでとうございます。

LSOは今年も恒例の、住友ゴム社救命・救急研修で活動を開始しました。
今年は下記のテーマで研修を実施しました。
1. 心肺蘇生とAEDの使用(実習)
2. 救急車を必要とする日常の急病への対応(講義/小平先生)
3. 傷病者の保温と運搬(実習)

心肺蘇生とAEDの使用訓練は毎年実施していますが、新しく加わったメンバーもいるため、経験者は復習しながらアドバイスを行っていました。
小平先生からは、心疾患、脳卒中や熱中症、糖尿病、てんかんなど、救急車を必要とする急病の紹介と、救急車を依頼する際のポイント、さらに保温の重要性についてお話いただきました。

最後に傷病者の保温と運搬の実習を行いました。
ここでは様々なシーンを想定し、一人で引きずる、担ぐ(緊急避難)、二人で移動させる、救助者7名で毛布による運搬と保温のやり方を練習しました。
これらは突然の傷病者発生や、災害などの時に知っていると大いに役立つスキルです。

毎年の恒例になりましたが、命の大切さを考え、救命スキルの練習から新年の仕事をスタートするという取り組みはすばらしいと感じました。
皆さま、今年もLSO活動へのご参加とご協力をよろしくお願いいたします!

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:日常の急病への対応
写真2:日常の急病について

写真3:毛布を利用した保温と搬送
写真3:毛布による保温と搬送





岡山国際サーキット レスキュー講習会2017年12月25日

日程:2017年12月23日(日)
会場:岡山国際サーキット タワー2Fブリーフィングルーム
参加:10名
担当:山根尚也(LSOインストラクター)、伊東和雄(LSO事務局)

岡山国際サーキットにおいて毎年恒例のレスキュー講習会が実施されました。

当日はオフィシャル感謝デーとなっており、一年間大会オフィシャルとして協力いただいた方々と、そのご家族に楽しんでいただく日となっています。
お昼にはサーキットのレストランで豪華な昼食が振る舞われ、参加回数が多かった方々の表彰が行われました。

私たちも講習のお昼休み時間を利用して、いっしょに美味しい食事をいただきました。

講習内容は、LSO認定コースの救命スキルに加え、大会中に起こり得る急病について第一応答者としての対応と手当てを学びました。
具体的には心筋梗塞、脳卒中、熱中症、けいれん(てんかんなど)の対処と注意点、早期発見方法などです。

レース大会には多くの関係者や観客が訪れますが、大会オフィシャルは、けがや急病人が発生した際の第一応答者として、そしてメディカルセンターまでの連携においての活動が期待されます。

今年もご参加ありがとうございました。
来シーズンも良い年になりますように。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:大腿止血点の圧迫
写真2:大腿止血点の圧迫

写真3:迅速なけがの調査
写真3:迅速なけがの調査







ぐんまラリーネットワーク ファーストエイド&レスキュー講習会2017年04月24日

日程:2017年4月23日(日)
会場:前橋市総合福祉会館(群馬県)
主催:NPOぐんまラリーネットワーク
参加者:17名
インストラクター:渡辺直良(JMRC関東)、伊東和雄(LSO事務局)

この講習は隔年で実施されています。
ラリーでは万一のアクシデントの際に、同乗しているクルーや後続競技車両が第一応答者の役割を担うため、マーシャルだけでなく、参加しているドライバーやコ・ドライバーにも応急手当や救出スキルが求められます。

今回はLSO認定に必要な救命処置と応急手当、頭頸部損傷が疑われる傷病者の注意点や扱い方を練習した後に、ラリー車両を想定した救出方法の検討、そしてHANSやハイブリッドFHRデバイスの着脱方法について検討しました。
近年、ドライバーを守るための各種保護装置が使用されるようになり、これらデバイスの特長や注意点を知り適切に使用することが重要になっています。
一方現場においては、救助者自身の安全確保と救命の優先順位に基づく行動をとることの重要性をあらためて感じました。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:迅速なけがの調査(着座状態)
写真2:迅速なけがの調査

写真3:救助者7名によるリフト
写真3:救助者7名によるリフト

写真4:ラリー用のFHRデバイスを検討
写真4:ラリー用FHRを検討





LSO定期講習会 (2017年第2回)2017年04月24日

日程:2017年4月22日(土)
会場:大田区池上会館(東京都大田区)
参加:5名

今回の参加者は全員が再認定(復習参加)でした。
青森県から夜行バスの往復で参加された方や、今回で累積8回目の参加となる方など、救命スキル維持に熱心な人たちが集まりました。

国際的なガイドラインの改訂に合わせ、今年からLSOの講習プログラムも新版となったため、変更点を確認しながら実習を行いました。

どなたも高いレベルでスキルが維持されており、充実した再講習となりました。
また最後に全員で記念写真を撮るなど、和やかな雰囲気の講習になりました。

次回は7月8日(土)を予定しています。
LSO定期講習会はどなたでもお申込みできますので、どうぞご参加ください。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:ログロール法による体位変換
写真2:ログロールによる体位変換

写真3:ヘルメットの取扱い練習
写真3:ヘルメットの取り扱い

写真4:参加者全員で記念撮影
写真4:参加者で記念撮影



JMRC栃木主催 応急手当実務講習会2017年04月03日

日程:2017年4月2日(日)
会場:栃木県自動車会館(JAF栃木支部/宇都宮市)
参加者:22名
インストラクター:渡辺直良(JMRC関東)、伊東和雄(LSO事務局)

JMRC栃木主催による初の認定講習会が行われました。

参加者の多くはラリー、ダートラ、ジムカーナ関係の方々で、サーキットのような常設の救急体制がない環境での活動に際し、緊急時の第一応答者の役割を担えるため、練習に取り組みました。

特にラリーは、アクシデント発生から助けが来るまでの間、後続車両のクルーや、直近のマーシャルが対応しなければならないため、主催者だけでなく参加者を含むすべての関係者が、救命処置や応急手当てを知っておくことが大切です。

実習では、事故や急病人の現場での救助者自身の安全確保や、救命処置(119番)の必要性の判断、呼吸管理、心肺蘇生、AEDの使用、止血法に続き、車両内を想定したけがの調査、脊椎損傷が疑われる傷病者の扱い方などを練習しました。

最後にヘルメットとHANSディバイスの操作や離脱時の注意点を確認しました。

実際の救助活動は安全なところで出来るとは限りません。
常に救助者自身の安全確保を優先することを念頭に、練習を行いました。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:けがの調査(着座状態を想定して)
写真2:けがの調査

写真3:ヘルメット&HANSディバイスの取扱い
写真3:ヘルメット&HANS










このブログについて

LSOは1993年創設以来、年2回のニュースレターとしてLSOメールを発行してまいりました。しかしこの20年間でインターネットやメールなど電子媒体の利便性が大きく向上し、即時性、双方向性、コスト面、そして紙面の制約を受けないなど、多くの利点が発揮されるようになりました。LSOでもこの利点を生かし、2012年7月から、安全活動や講習リポートなどをブログでお知らせすることにいたしました。
なお紙媒体のLSOメールはしばらく休刊し、今後はブログをメインにした活動報告を行って行く予定でおります。

LSOホームページ
http://www.ne.jp/asahi/master/lso/

<< 2018/01
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近のコメント

RSS