住友ゴム工業株式会社様 救命・救急研修2018年01月15日

日程:2018年1月11日(木)
会場:本社会議室(兵庫県神戸市)
担当:小平 博(明石市市民病院/LSFAインストラクター)、伊東和雄(LSO事務局)
参加:31名

あけましておめでとうございます。

LSOは今年も恒例の、住友ゴム社救命・救急研修で活動を開始しました。
今年は下記のテーマで研修を実施しました。
1. 心肺蘇生とAEDの使用(実習)
2. 救急車を必要とする日常の急病への対応(講義/小平先生)
3. 傷病者の保温と運搬(実習)

心肺蘇生とAEDの使用訓練は毎年実施していますが、新しく加わったメンバーもいるため、経験者は復習しながらアドバイスを行っていました。
小平先生からは、心疾患、脳卒中や熱中症、糖尿病、てんかんなど、救急車を必要とする急病の紹介と、救急車を依頼する際のポイント、さらに保温の重要性についてお話いただきました。

最後に傷病者の保温と運搬の実習を行いました。
ここでは様々なシーンを想定し、一人で引きずる、担ぐ(緊急避難)、二人で移動させる、救助者7名で毛布による運搬と保温のやり方を練習しました。
これらは突然の傷病者発生や、災害などの時に知っていると大いに役立つスキルです。

毎年の恒例になりましたが、命の大切さを考え、救命スキルの練習から新年の仕事をスタートするという取り組みはすばらしいと感じました。
皆さま、今年もLSO活動へのご参加とご協力をよろしくお願いいたします!

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:日常の急病への対応
写真2:日常の急病について

写真3:毛布を利用した保温と搬送
写真3:毛布による保温と搬送





岡山国際サーキット レスキュー講習会2017年12月25日

日程:2017年12月23日(日)
会場:岡山国際サーキット タワー2Fブリーフィングルーム
参加:10名
担当:山根尚也(LSOインストラクター)、伊東和雄(LSO事務局)

岡山国際サーキットにおいて毎年恒例のレスキュー講習会が実施されました。

当日はオフィシャル感謝デーとなっており、一年間大会オフィシャルとして協力いただいた方々と、そのご家族に楽しんでいただく日となっています。
お昼にはサーキットのレストランで豪華な昼食が振る舞われ、参加回数が多かった方々の表彰が行われました。

私たちも講習のお昼休み時間を利用して、いっしょに美味しい食事をいただきました。

講習内容は、LSO認定コースの救命スキルに加え、大会中に起こり得る急病について第一応答者としての対応と手当てを学びました。
具体的には心筋梗塞、脳卒中、熱中症、けいれん(てんかんなど)の対処と注意点、早期発見方法などです。

レース大会には多くの関係者や観客が訪れますが、大会オフィシャルは、けがや急病人が発生した際の第一応答者として、そしてメディカルセンターまでの連携においての活動が期待されます。

今年もご参加ありがとうございました。
来シーズンも良い年になりますように。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:大腿止血点の圧迫
写真2:大腿止血点の圧迫

写真3:迅速なけがの調査
写真3:迅速なけがの調査







応急手当普及キャラバン トヨタ ガズーレーシング フェスティバル(TGRF2017)2017年12月11日

日時: 2017年12月10日(日)
会場: 富士スピードウェイ イベント広場(グランドスタンド側)
担当: 伊東和雄、渡辺直良(LSOインストラクター)

今年は朝から晴天に恵まれ、たくさんのお客様が来場しました。
このイベントは家族連れの来場者が多く、当LSOブースにおいては特に親子で共にAED体験をする人々が多かったです。

展示内容は以下の通りです。
1)人形とAEDトレーナー(フィリップス製FR2)を2セット準備し、操作体験と解説を行う
2)LSFAのビデオを常時上映。また人形に日本光電製AEDとパッドを貼り付け展示
3)パネル展示コーナー
 LSOの活動内容、オフィシャルスポンサーの紹介
 SUPER GTのFRO紹介写真展示(特に今年の現場活動シーンを写真で紹介)
 JMRC関東の2017年レスキュー講習写真を展示
4)モータースポーツ・レスキュー活動展示コーナー
 全身大の人形にバックボードを使用し、脊椎運動制限の状態で展示
 KEDを使用した着座状態で救出時の脊椎固定を展示

LSOブース来訪者は162名、うちAED操作体験は78名がAED操作体験を行いました。
家族でいっしょに実施した人が多かったので、間接的には150名以上の方に操作手順を紹介できたと思います。

最も多かった来訪者は親子連れでしたが、比較的高齢のご家族も何組か来られ、また若者の来訪者も何組かありました。AEDの認知は着実に社会に浸透していると感じました。
一方、存在は知っているが操作体験がなく手順も知らない人々が多く、こうした簡単な操作体験の機会は社会への貢献度が高いと再認識したところです。

モータースポーツレスキュー活動の紹介では、今年のSUPER GTにおけるFRO活動の写真をパネル展示しました。来訪者にはサーキットにレース観戦に来ている人が多く、FROの活動シーンを見て、今までと違った視点を加えてレース観戦を楽しみたいとの感想が聞かれました。

午後から一時強風に見舞われましたが、主催者によりテントのアンカー杭がしっかり打たれ、さらに強風に際してはフラッグをすべて降ろすなど、安全への配慮が細やかにされていました。
今年も貴重な普及の機会をご提供いただくと共に、好意的なご配慮に感謝いたします。

写真1:LSOテント全景(スタンド側広場)
写真1:LSO普及テント全景

写真2:家族でAED操作体験
写真2:AED体験_親子連れ

写真3:親子でAED操作体験
写真3:AED体験_親子連れ







応急手当普及キャラバン 20th NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 20172017年11月27日

日時: 2017年11月26日(日)
会場: 富士スピードウェイ (パドック側)
担当: 伊東和雄、中村由美子(LSOインストラクター)

朝から好天に恵まれ、大勢のお客様で賑わいました。
朝方はモータースポーツの熱心なファン層が中心でしたが、昼前頃からは家族連れも多く来場し、AED体験に訪れる人が増えました。

展示内容は以下の通りです。
1)人形とAEDトレーナー(フィリップス社製)を2セット準備し、操作体験を行う。
2)人形にAEDパッドを貼り付けて展示(日本光電社製AED)
3)パネル展示コーナー
 LSOの活動内容、オフィシャルスポンサー掲示
 SUPER GTのFRO紹介写真展示
 JMRC関東のレスキュー講習(2017年2月)の写真を展示
4)モータースポーツ・レスキュー活動展示コーナー
 バックボードを使用し全身大の人形にて脊椎運動制限を展示
 KEDを使用し着座状態で車両からの救出時の脊椎固定を展示

LSOブース来訪者は126名、うち71名がAED操作体験を行いました。
体験した方からは、駅やショッピングセンター、会社などにAEDが設置されていることは知っているが、命にかかわることなので怖くて使用できなかったという意見が多く聞かれました。簡単に使用できることを知り、喜んでいただきました。

救出状況を想定した人形展示はこどもの目に止まりやすく、親から「選手がけがした時にこうやって助けるんだよ。」などの説明を受けているシーンを何度か目にしました。

パネル展示したFRO活動やGT大会での事故現場の写真を見て、すべてを言い当てるこどもがいました。

AED体験コーナーは毎回実施していますが、相変わらず触れたことがない人が多いため、社会的な必要性を感じるところです。
また当イベントはモータースポーツ関係者の来訪も多く、皆さんから励ましの声をかけていただきました。
今年も貴重な出展の機会を提供いただき感謝いたします。

写真1:LSOテント全景(パドック内)
写真1:LSOテント全景

写真2:AED操作体験(家族連れ)
写真2:AED体験_家族連れ

写真3:AED操作体験(友人と)
写真3:AED体験






LSO定期講習会 (2017年第4回)2017年10月17日

日程:2017年10月15日(日)
会場:大田区池上会館(東京都大田区)
参加:2名

モータースポーツは終盤のグランプリシーズンに入り、世界選手権や年間タイトルを争う白熱したイベントが繰り広げられています。

今回はサーキットで4輪のレースに参加している方が山梨県から参加されました。
またマラソン大会など地域のイベントでも活動されており、突然のけがや急病への対応を学びたいと希望し参加されました。

講習では現場における傷病者への接触から救命処置までの実習、そして頭、脊椎、胸、腹の損傷についての注意点を確認しました。
さらにヘルメットの取扱いを実習で行いました。

大会中のサーキットは充分な安全体制を築いています。しかしけがや急病は、いつどこで誰に起こるか分かりません。
すべての参加者や関係者が応急手当の知識とスキルを身に付け、互いに助け合うことはとても大切だと思います。

次回は12月16日(土)を予定しています。
LSO定期講習会はどなたでもお申込みできますので、どうぞご参加ください。

写真1:心肺蘇生とAEDの使用
写真1:心肺蘇生とAEDの使用

写真2:上腕の直接圧迫止血
写真2:直接圧迫法による止血

写真3:迅速なけがの調査
写真3:迅速なけがの調査


このブログについて

LSOは1993年創設以来、年2回のニュースレターとしてLSOメールを発行してまいりました。しかしこの20年間でインターネットやメールなど電子媒体の利便性が大きく向上し、即時性、双方向性、コスト面、そして紙面の制約を受けないなど、多くの利点が発揮されるようになりました。LSOでもこの利点を生かし、2012年7月から、安全活動や講習リポートなどをブログでお知らせすることにいたしました。
なお紙媒体のLSOメールはしばらく休刊し、今後はブログをメインにした活動報告を行って行く予定でおります。

LSOホームページ
http://www.ne.jp/asahi/master/lso/

<< 2018/01
01 02 03 04 05 06
07 08 09 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最近のコメント

RSS